魅力的な指輪は銀座ダイヤモンドシライシで見つけよう

カップル

結婚式で準備するもの

花嫁

メインのドレス

結婚式において、新婦のウェディングドレスはメインだと言っても過言ではありません。神前式などで白無垢や色打掛といった和装を着る場合も、披露宴のお色直しではウェディングドレスを選ぶ新婦が多いです。ウェディングドレスは、多くの女性の憧れなのです。結婚式でウェディングドレスを着る場合、レンタルをする場合が多いです。レンタルをしてくれるドレスショップは多くありますが、どの式場も提携のショップがいくつかあります。提携のショップでレンタルをするメリットは、自分で持ち込みや返却をしなくても全てをやってくれるということです。特に、式の後は二次会への移動などもあるので、自分たちで返却をしなくてもいいということはとても便利です。反対に、とても気に入ったドレスを提携店以外で見つけた場合は、自分たちでの搬入や返却になるので、日程や時間に余裕を持つことが大事になります。

ドレスのデザイン

一口にウェディングドレスといっても、そのデザインは様々です。それぞれに特徴があるので、試着をしてみて自分にぴったりのドレスを見つけることが重要になります。シンプルなデザインは、Aラインのドレスです。どんな式場にも合い、とても女性らしいドレスになります。プリンセスラインは、ふんわりとしていてお姫様をイメージしたボリュームのあるスカートが特徴です。マーメイドラインは、くびれを強調したデザインで、人魚のようにスカートの裾が広がっています。背が高く細身の女性を、とても魅力的に見せます。ほかにも、若い人向けのミニ丈のドレスや、シックなエンパイアライン、など雰囲気の違ったドレスがたくさんあります。気になったドレスは試着をして、ぴったりの一着を見つけることで、世界で一番似合うドレスを着て結婚式を迎えることができるのです。